神奈川県の東北にある川崎周辺は、他の地域に比べて、大手の企業より零細企業や個人事業主が多い傾向にあります。従って税理士事務所も、それに対応して安価で良質のコンサルティングを行っています。小規模の企業によっては、顧問に経営戦略をアドバイスしてもらっていることも珍しくありませんが、相談料が高くなると継続して依頼できません。そのため川崎にある事務所の特徴として、中小企業に合ったリーズナブルな顧問料を設定しています。また、川崎では会社の業界に合った事務所を紹介するサービスもあるため、利用すると便利です。その他、顧問料の見積もりのみなら無料で調べてもらえます。税理事務の経費を削減するよりも専属の顧問を持った方が、長い目で見るなら得になります。

自社で何でもやろうとすると失敗する

最近、わかりやすい会計ソフトも多く開発され、自社で税務署への決算申告を行う場合もあります。特に零細企業にとっては税理士への顧問料が高いということで、自社で申告する方法を選ぶことがあります。しかしそれでは節税の点で思わぬ失敗をすることも考えられ、やはり税金のプロに依頼した方が、経営者としては安心です。川崎なら、良心的な料金で顧問契約を結ぶことができます。また従業員数が少ない零細企業でも、税務調査が来ることがあります。そうした事態に備えて、普段から税務に関する業務は徹底しておくべきです。さらに景気に左右されない企業を目指すなら、顧問を持ち、経営に役立つアドバイスを受けることが重要です。ただし税法に関しては、経営者自らよく知っておく必要があります。

融資金額を増加させるには顧問を持つ方が有利

顧問税理士を持つことで、零細企業であっても融資金額を増加させることができます。顧問は会計業務や申告書の作成だけが仕事ではありません。それ以外に事業計画を立案したり、経営計画書を提出したりして、経営をサポートします。そして長い目で見た資金計画書も考え、融資金額の増加に努めます。零細企業であれば特に、顧問の実力次第で融資額が決まることがあります。尚、従業員の少ない中小零細企業では、経営情報を開示することをためらう経営者もいます。確かに無資格のコンサルタントに相談する場合は、細心の注意が必要とします。しかし税理士には守秘義務があり、高いプロ意識を持っているため、そうした心配は不要です。信頼できる企業パートナーと考えて、何でも相談することができます。