川崎で税理士をお探しの方必見の探し方

7つの行政区を持つ川崎市は、近年、人口が148万人を超えており、零細企業を中心として発達しています。また京浜急行など交通手段も整っていることから、会社設立を考えている人も多い土地です。それに伴って起業相談や、所得税、消費税などに関してアドバイスを求める経営者も多くなりました。そのため節税や経営面のプロフェッショナルである税理士は、年々需要が高くなっています。川崎周辺で探したい場合は、まず顧問料などの見積もりを複数取り、その費用を比較してみる方法があります。費用が適正であって、豊富な業務実績を持っていることが良いとなります。さらに顧問契約を結ぶなら、創業年数の少ない事務所よりも、ある程度運営年数が経っているところの方が信頼できます。‎

どのようなことを依頼できるのか

税理士に依頼できる業務は複数あります。例えば個人事業主や企業は、会計処理の代行を頼むことができます。さらに税の申告書の作成代行の他、節税対策の相談などにも乗ってもらえます。さらに贈与税や相続税などの申告代行も行っています。クライアントは主に中小企業ですが、財務面についてのサポートもしています。正しい税法を用いて、融資の受け方や利益率の上げ方を指導します。税務調査が入るとその調査にも対応し、顧客の権利を守るという業務もあります。そして税務調査がある場合は、企業や事業主の心強い味方となってくれます。特に川崎周辺では、中小零細企業のパートナーとして活躍していることがよくあります。ただし取引額の多い大企業の会計に関しては、公認会計士がその業務を行っているケースも見られます。

川崎で良い税理士を選ぶ基準は何か

ベテランの税理士なら、一通りの業務をこなすだけでなく、節税方法や融資対策などを積極的に忠告してくれます。特に顧問契約を結ぶ場合は、会計処理業務以外に、親身になって経営を後押ししてくれることが望まれます。起業を考えているケースでは、起業に関する手続きに慣れているかどうかも選ぶ基準になります。また初年度の顧問料のみで選ぶと失敗します。オプション料金が発生するかどうかも、前もって聞いておくと良いです。目先の費用だけでなく、顧問契約後、少なくとも2、3年以降の料金体系についても知っておくことが望ましいです。その他、決算申告の期限が迫っているなら、すぐに何とかしてくれる事務所を選ばなければなりません。多くの事務所が無料で料金の見積もりを出していますので、まず相談することが第一歩です。